金利と利息について|気軽に使えるカードローンが一番おすすめです

金利と利息について

Array

なんとなく便利なのはわかったけれど、よくカードローンの話で聞く「金利」とか「利息」って何?という疑問も初心者ならあると思います。
もしちゃんと説明できないなら、まずカードローンを利用する前にしっかりとここで覚えておきましょう。

まず利息というのは、すごく簡単にわかりやすくいうとレンタル料金のようなものです。
何かを貸すということは貸す側もメリットがないといけないので、必ず利息が発生します。
この利息が元金に対して、どれくらいかかってくるのかを表すのが金利になります。

そして金利については実質年率と呼ばれる数字になり、手数料や保証料といった費用が足されています。
あなたが実際に負担する利息の金額は、実質年率を使って計算されるようになっています。
なお各金融機関では実質年率で表記することを義務付けられていて、多くの場合は手数料などが無料だったりします。
だから金利と実質年率の違いはまったくないといってもいいでしょう。
もしも実質年率が書かれてないところを見つけたら、そこは法律違反していることになるのでスルー推奨です。
もっといえば金利に対してわけのわからない手数料をプラスしてくる悪徳業者もいるので、そこは注意しなければいけません。

また金利は現在の出資法によって「年間最大で20%」と決められています。
ついでにいうと利息制限法でも上限の金利が20%までと決まってるので、この数字を超えることがある場合は完全に違法となります。
カードローンを利用するときは、法に触れた業者がいないかどうかしっかりとチェックしてから申し込むようにしてください。